合成化学コースでは、合成化学講座・機能化学講座・新物質創製講座・微小物質ダイナミクス講座があり、
協力研究グループとして太陽エネルギー化学研究センターとも連携して研究を行っています。
化学応用科学科に入学した学生は、2年次に進級するときに合成化学コースに分れて合成化学コースのカリキュラムに従って
専門教育を受けます。
また4年次には以下の研究グループのいずれかに配属され卒業研究を行います。

合成有機化学グループ
Synthetic Organic Chemistry Group

直田研究室NAOTA LaboratoryMORE

我々の研究グループでは、合成有機化学を用いて、新しい分子を創りあげることによって、有機触媒や新反応の開拓、 超機能性分子の創出など、今までできなかった仕事を行う分子を創り出す研究を行っています。
生体機能化学グループ
Biological Chemistry Group

岩井研究室IWAI LaboratoryMORE

当研究室では、有機合成化学・物理化学・分子生物学などの知識と技術を使って、化学の視点から生命現象の解明を目指しています。特に、核酸(DNAやRNA)とタンパク質の分子認識や反応機構を解明するための研究を行なっており、基礎研究の成果を創薬を目的とする機能性分子の創製などに応用したいと考えています。また、学際的な領域の研究を通して、化学と生物学の両方を理解し広い視野を持った人材の育成を行ないます。
分子集積化学グループ
Molecular Assembly Chemistry Group

久木研究室HISAKI LaboratoryMORE

pro_hisaki
多数の分子を集合させることによって初めて、一分子では示さない新しい機能を発現することがあります。そのような分子集合体は、生命科学から材料工学における幅広い分野で重要な役割を担っています。ただ、希望通りの分子集合構造を創るのは工夫が必要です。私たちは分子との対話を通して特に有機結晶の分子配列を変調・制御し、前例無き構造を構築し新奇物性を発現させる「分子集積化学」に立脚して、次世代を担う新規材料と新しい価値観を創造します。
表面・界面機能化学グループ
Surface Chemistry Group

福井研究室FUKUI LaboratoryMORE

我々の研究グループでは、エネルギー変換・蓄積する界面の機能に注目した研究を行っています。特に、固体と液体との界面に生じる電気二重層は、電池に代表される電子授受(電気エネルギー)や触媒作用に代表される物質変換(化学エネルギー)が起こる変換場を形成します。その原子・分子スケールの局所的な構造や電子状態を観測する手法の開発と解析によって、機能の源を分子論的な物理化学の言語で記述していくこと目的として研究を進めています。
有機物性化学グループ
Physical Organic Chemistry
Group

新谷研究室SHINTANI LaboratoryMORE

有機物性化学グループ 新しい有機反応・触媒反応の開発に基づき、従来法では合成困難な新規有機化合物・有機典型元素化合物の合成に関する研究およびその機能開拓を目指した研究を行っています。とくに、反応開発においては機構解析に立脚した精密な反応制御の実現を指向しています。また、これまでにない有機化合物の創出とともに、その詳細な物性評価を通じて構造と機能に関する理解を深め、物質化学発展への貢献を目指しています。
有機金属化学グループ
Organometallic Chemistry
Group

真島研究室MASHIMA LaboratoryMORE

真島研究室では、周期表の全元素について多様な分子の化学を研究対象とし、「優れた分子触媒の開発」と「新しい分子素子を目指した機能性ナノ分子の開発」を中心課題として研究に取り組んでいます。いずれの研究も新しい金属分子の構造、結合、反応性を解明する基礎研究を大事にしています。
当研究室では、「高いレベルの基礎研究は、実用化が可能なレベルにある」と考え、これを実践してきました。
構造揺らぎダイナミクスグループ
Experimental Group for
Fluctuation Dynamics
in Condensed Phase

宮坂研究室MIYASAKA LaboratoryMORE

光吸収により生成する電子励起状態分子は、植物の光合成や太陽電池のような光エネルギー・光物質変換、 また多くの光機能発現過程などにおいて重要な役割を果たしています。これらの励起分子の反応過程を正確に知り、 そこから得られる原理に基づいた新規光利用分子系を設計・構築することは、今後の光エネルギー利用・人工光合成系の開発などの重要な課題の解決にも、 また新規光機能分子システムの開拓に重要な役割を果たします。
【協力講座】
太陽エネルギー化学研究センター 太陽エネルギー変換研究分野

Research Center for Solar
Energy Chemistry,
Field of Solar Energy
Conversion

中西研究室NAKANISHI LaboratoryMORE

太陽エネルギー変換研究分野および太陽電池・光触媒研究分野では、太陽エネルギーの有効利用によってエネルギー・環境問題を根本的に解決することを目指し、「新しい光−電気−化学エネルギー変換材料および変換システムの創成に関する研究」を、電気化学を軸に、無機材料化学・光化学・分子生物化学等を駆使して進めています。